痛くない 苦しくない 患者様への負担が少ない 大腸カメラ痛くない 苦しくない 患者様への負担が少ない 大腸カメラ

大腸内視鏡検査LP

このような症状やお悩みはございませんか?このような症状やお悩みはございませんか?

  • 便に血が混じっている
  • トイレットペーパーに血が付いた
  • 便秘、下痢
  • 便秘と下痢を繰り返している
  • 下腹部の痛み、違和感がある
  • 便が細くなった
  • 急に体重が減った
  • 健康診断で便潜血陽性と言われた
  • 大腸ポリープや大腸がんになったことがある

大腸内視鏡検査をおすすめします!

『大腸内視鏡検査』とは…

『大腸内視鏡検査』とは…

大腸内視鏡とは、大腸・小腸の一部を観察するための内視鏡検査で、ポリープやがん、炎症がないか調べることができます。
現在日本では、年間約15万人の方が「大腸がん」と診断され、年間5万人以上の方が大腸がんで命を落とされています。
しかし大腸カメラ検査を行い大腸ポリープを切除することで大腸がんを予防できます。
アメリカは大腸がんが多いと言われていましたが、検診で大腸カメラ検査を行い、大腸ポリープを切除することで”大腸がん死亡数を減少させる”ことに成功しています。
当院では積極的に大腸カメラ検査を行い、『大腸がんで苦しむ方を0にする』ことを目標としています。ささいな症状でもお気軽に受診してください。
京都市左京区の松ヶ崎駅前おくだクリニックでは、胃カメラ検査と同様、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)においても力を入れており、鎮静剤を用いた苦痛の少ない検査が可能です。また、日帰りでの大腸ポリープ切除にも対応しております。
(*実際の検査時は手袋、ガウン、マスクなどの感染防護をしております。)

大腸内視鏡検査で発見できる病気大腸内視鏡検査で発見できる病気

大腸内視鏡検査では、以下のような病気を、早期のうちに発見することができます。

早期大腸がん

進行大腸がん

大腸ポリープ

感染性腸炎

潰瘍性大腸炎

クローン病

大腸憩室症

虚血性腸炎

腸閉塞

大腸
メラノーシス

ベーチェット病

大腸ポリープと大腸がんについて大腸ポリープと大腸がんについて

日本での大腸がん死亡者数

大腸癌死亡率大腸癌死亡率

グラフのように日本の大腸がんの死亡数では2017年にアメリカの大腸がん死亡数をこえました。これは高齢化社会も一つの要因ですが、アメリカの人口が日本の倍以上と考えるとそれだけが原因ではないと考えます。

米国での大腸がん死亡率推移

米国大腸癌死亡率の推移米国大腸癌死亡率の推移

アメリカでは以前より多かった「大腸がんに対する対策」を行い、結果として死亡率の低下に繋がっています。
アメリカで行う大腸がん検診は「大腸内視鏡検査」が50歳以上に適用され、受診率は約60%に上ります。一方、日本における大腸がん検診は「便潜血検査」で、受診率は約45%です。この差が現在の日本における大腸がん死亡数増加に直接影響していると考えます。

大腸ポリープと大腸がんについて

日本では、大腸内視鏡検査を受けていない40歳以上の方がまだまだ多いのが現実です。40歳以上の方は一度は大腸内視鏡検査を受けることが大事です。
大腸ポリープ切除によって死亡率低下が証明されているため、大腸ポリープがあれば切除することで大腸がんを予防できます。
当クリニックでは苦痛なく大腸内視鏡を受けていただくため様々な工夫をしております。当クリニックでは「大腸内視鏡検査を気軽にできる環境」を整え、大腸がんで苦しむ方を限りなく0にしたいと考えております。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい 土曜日も検査を受け付けております。まずはお気軽にお問い合わせ下さい 土曜日も検査を受け付けております。

075-712-1165075-712-1165

WEB予約WEB予約

当院で行う大腸内視鏡検査の特徴当院で行う大腸内視鏡検査の特徴

0101

痛くない・苦しくない・
楽な大腸内視鏡検査

ご希望に応じて 鎮静剤を使用

腸に負担をかけない 挿入技術

お腹の張りを抑える 炭酸ガス使用>

腸に負担をかけない 挿入技術

ご希望に応じて 鎮静剤を使用

お腹の張りを抑える 炭酸ガス使用

前処置室(専用トイレ付)を完備 下剤を院内で服用可能前処置室(専用トイレ付)を完備 下剤を院内で服用可能

土曜日も 大腸内視鏡検査が可能 土曜日も 大腸内視鏡検査が可能

日帰りで 大腸ポリープ切除が可能日帰りで 大腸ポリープ切除が可能

胃カメラ・大腸内視鏡検査の 同日検査が可能胃カメラ・大腸内視鏡検査の 同日検査が可能

消化器・内視鏡専門医による 丁寧な検査と正確な診断消化器・内視鏡専門医による 丁寧な検査と正確な診断

高性能の 内視鏡システムを導入高性能の 内視鏡システムを導入

リカバリールームを完備リカバリールームを完備

内視鏡専用の洗浄機で 感染対策の徹底内視鏡専用の洗浄機で 感染対策の徹底

02

下剤を複数ご用意・
患者様にお選び頂けます

下剤の味が苦手な方でも大丈夫!下剤の味が苦手な方でも大丈夫!

モビプレップモビプレップ

梅ジュースのような味わい

  • 最近誕生した下剤
  • 他の下剤よりも少なく済む(約1.5L)
  • 腸管の洗浄力が強い
  • 高齢者の方、心臓に疾患がある方、腎機能が低下している方には向いていません

ビジクリアビジクリア

無味

  • 下剤の味が苦手な方にオススメ
  • 5錠を200mlの水(お茶)で飲むのを10回繰り返す
  • 高血圧の方、腎機能が低下している方には向いていません

当院で行う 大腸内視鏡検査の流れ当院で行う 大腸内視鏡検査の流れ

ご予約

Step .01ご予約

ご予約

お電話またはWEB予約にてご予約をお取りください。
大腸内視鏡検査は、胃カメラ検査とは異なり、必ず事前の診察が必要です。

ご来院・診察

Step .02ご来院・診察

ご来院・診察

ご来院後、診察を行います。症状はできるだけ詳しくお伝えください。
ご希望の大腸内視鏡検査の内容(鎮静剤の有無、大腸ポリープが見つかった場合の切除の可否)などもお伺いします。診察後、検査を実施する日時を決定します。

検査前日

Step .03検査前日

検査前日

検査前日は厳重な食事制限が必要です。
食物線維は避けて、消化の良い食事を20時までに済ませていただきます。その後も水分は摂っていただいても大丈夫です。検査食(朝・昼・夕)は色々と心配する必要がなく便も綺麗になりやすいためお勧めです。(当クリニック、薬局で購入できます)就寝前には、診察の際にお渡しした下剤を飲んでいただきます。

検査当日

Step .04検査当日

検査当日

朝から絶食です。引き続き、水、お茶は適量飲んでいただいて構いません。

検査当日の前処置1

検査前日に服用いただいた下剤の影響で朝から排便があります(個人差があります)。検査の4時間前から、腸管洗浄剤決められたスピードで服用していただきます。(ご自宅でもクリニックでも服用可能です)

検査当日の前処置2

腸管洗浄剤を服用開始して30~60分(個人差があります)で排便が始まります。その後、5~8回の排便があります。固形便→泥状便→水様便と変化していきます。濁りのない透明~薄い黄色の液状便になったら前処置終了です。

検査の準備

Step .05検査の準備

検査の準備

ご希望・必要に応じて、鎮静剤を投与します。

検査前の準備1

便が綺麗になったら、いよいよ検査の準備に入ります。検査用の穴が開いているパンツに着替えます。(穴が開いている方が後ろです)

検査前の準備2

点滴のためのルートを確保します。検査中に「鎮静剤・鎮痛剤・腸の動きを抑制する薬」などを適宜追加して効果を維持する必要があるため、当クリニックでは必要な患者さんに点滴ルートを取らせていただいております。

大腸内視鏡検査の実施

Step .06大腸内視鏡検査の実施

大腸内視鏡検査の実施

大腸内視鏡検査は、15分−20分程度で終了します。大腸ポリープ切除、細胞検査を行う場合には、多少時間が延びます。

検査終了~リカバリールームでの休憩

Step .07検査終了~
リカバリールームでの休憩

検査終了~リカバリールームでの休憩

鎮静剤を使用した方は、意識がはっきりするまで、リカバリールームでゆっくりと(30分程度)お休みいただきます。鎮静剤を使用しなかった方は、検査結果が揃い次第、検査結果のご説明を行います。

検査結果のご説明

Step .08検査結果のご説明

検査結果のご説明

院長が、検査画像を示しながら丁寧に説明を行います。ご不明の点がございましたら、何でもお気軽にお尋ねください。

注意事項

  • 現在服用中のお薬がある場合には、お薬手帳をご提示されるか、またはお薬そのものをお持ちになっていただく必要があります。
  • 検査当日は、身体を締め付けるような衣服、ベルトの使用は避けた状態でお越しください。
  • 鎮静剤を使用した場合、当日中は自転車・バイク・車の運転ができません。鎮静剤の使用をご希望される場合、必要になるかもしれない場合には、自転車・バイク・車でのご来院はお控えください。公共交通機関、またはご家族の運転する車などをご利用ください。
  • 大腸ポリープ切除、細胞検査を実施した場合は、3日程度、アルコール、刺激物の摂取をお控えください。それ以外の方は、通常通りの食事を摂っていただいて結構です。
  • 検査後、もし液状の血が混じったような便が出た場合には、すぐに当クリニックにご連絡ください。

大腸内視鏡検査の費用

この表は横にスクロールできます。

3割負担の場合
初診代+薬剤料+血液検査代 2,500円~4,000円
大腸内視鏡検査 検査のみ 約6,000円
検査+細胞検査 9,000円~12,000円
大腸ポリープ 24,000円~40,000円
合計 8,500円~44,000円

※1割負担の場合は、上記費用の3分の1とお考えください。
※当日の検査結果で費用が異なりますのでご了承ください。

各種クレジット・電子マネー対応

各種クレジットカードでの
お支払いが可能です

各種クレジットカードでのお支払いが可能です

まずはお気軽にお問い合わせ下さい 土曜日も検査を受け付けております。まずはお気軽にお問い合わせ下さい 土曜日も検査を受け付けております。

075-712-1165075-712-1165

WEB予約WEB予約

一番上に戻る

TEL:075-712-1165TEL:075-712-1165

大腸カメラ事前診察 24時間WEB予約大腸カメラ事前診察 24時間WEB予約

来院前WEB問診来院前WEB問診