胃カメラ

胃カメラとは

京都 胃カメラ|松ヶ崎駅前おくだクリニック胃カメラとは、胃または鼻から挿入し、食道、胃、十二指腸の粘膜を観察できる内視鏡です。胃カメラ検査では、カメラを通して粘膜を直接的に観察することで、炎症、出血、ポリープ、腫瘍などの有無を確かめることができます。
かつては、「苦しい」というイメージがつきものでしたが、現在は内視鏡の改良や小型化、鼻から通す経鼻内視鏡の普及、鎮静剤の使用などにより、痛み少なく、楽に胃カメラを受けていただけるようになっています。

京都の松ヶ崎駅前おくだクリニックでは、鼻から通す経鼻内視鏡、口から通す経口内視鏡のいずれにも対応しております。
(*実際の検査時は手袋、ガウン、マスクなどの感染防護をしております。)

下記症状がある方は胃カメラを

おすすめします

下記症状がある方は胃カメラをおすすめします

  • のどの違和感、げっぷ、呑酸
    (口の中が酸っぱい・苦い)
  • 胸やけ、胃もたれ
  • 吐き気、嘔吐
  • 胃の痛み
  • みぞおちの痛み
  • 食欲低下、体重減少
  • 便が黒い
  • 健康診断のバリウム検査で異常を
    指摘された方
  • これまでに胃潰瘍や十二指腸潰瘍に
    なったことがある方

これらの症状に心当たりがある場合には、胃カメラ検査をおすすめします。黒い便は、胃などの粘膜の出血を原因として起こる可能性が高い症状のため、すぐに胃カメラ検査を行う必要があります。

当クリニックの胃カメラの特徴

1初診当日の検査が可能

京都で初診当日の胃カメラ検査が可能な松ヶ崎駅前おくだクリニック一般的には、初診日は診察のみを行い、後日胃カメラ検査を実施します。
京都の松ヶ崎駅前おくだクリニックでは、少しでも患者さんに気軽に受けていただけるよう、初診日の診察後すぐに胃カメラ検査を実施できる体制を整えております。
※ご連絡いただいた当日に検査をご希望される場合、その日の朝から絶食をしていただく必要がございます。

2早朝8:30~胃カメラ検査が可能

早朝8:30~胃カメラ検査が可能胃カメラ検査の予約枠を朝8:30~設けております。お仕事前や学校前などにも検査を受けていただけます。

3午後や夕方、土曜日も
胃カメラが可能

午後や夕方、土曜日も胃カメラが可能午後や夕方も胃カメラ検査を行っております。(昼食を抜いていただく必要があります。)
また土曜日も13~16時の時間帯に検査の時間を確保しております。
お仕事や学校などで平日がお忙しい方も、検査を受けていただきやすい体制を整えております。

4鎮静剤を使用し、苦しくない・
楽な胃カメラ

鎮静剤を使用し、苦しくない・楽な胃カメラご希望に応じて、鎮静剤を投与し胃カメラ検査を受けていただけます。
半分眠ったような状態で、恐怖感・痛みもなく検査を受けられます。初めての胃カメラ検査で不安がある方、以前に受けた胃カメラ検査が苦しくて苦手な方におすすめです。
鎮静剤使用する場合は、車や自転車の運転は不可ですが、松ヶ崎駅前にあるクリニックですので、楽にご帰宅していただけます。

5経鼻・経口カメラの選択が可能

ご希望に応じて、鼻から通す経鼻内視鏡、口から通す経口内視鏡を選択していただけます。
経鼻内視鏡の方がスコープ自体細くなっていますが、技術の向上により、経口内視鏡と同等の精度で検査ができます。

経鼻・経口カメラの選択が可能
経鼻・経口カメラの選択が可能

6胃カメラ・大腸カメラの同日検査が可能

胃カメラ検査と大腸カメラ検査を、同日に受けていただくことも可能です。(事前に診察が必要です。)
お忙しい方、心配なので一度に内視鏡検査を終わらせてしまいたいという方、検査前後の食事などの制限を1回で終わらせたいという方におすすめです。

胃カメラ・大腸カメラの同日検査が可能
胃カメラ・大腸カメラの同日検査が可能

7消化器・内視鏡専門医による丁寧な検査と正確な診断

消化器・内視鏡専門医による丁寧な胃カメラ検査と正確な診断胃カメラ検査の精度、患者さんの負担軽減は、検査を実施する医師の技術と経験に大きく左右されます。
京都の松ヶ崎駅前おくだクリニックでは、消化器・内視鏡専門医である医師が、高度な技術と豊富な経験に基づいた胃カメラ検査を実施します。正確な診断によって、適切な治療をご提供します。

8高性能の内視鏡システムを導入

高性能の内視鏡システムを導入医療業界における技術の躍進は目覚ましく、内視鏡システムも次々と新しいものが開発されています。
京都の松ヶ崎駅前おくだクリニックでは、高性能の内視鏡システムを導入しております。正確な診断結果を導くためにも欠かせないシステムです。

高性能の内視鏡システムを導入
高性能の内視鏡システムを導入

9リカバリールームを完備

リカバリールームを完備院内にリカバリールームを完備しております。
鎮静剤を使用した方は、検査後こちらでゆっくりとお休みいただけます。

10内視鏡専用の洗浄機で感染対策の徹底

内視鏡専用の洗浄機で感染対策の徹底内視鏡スコープは非常に複雑な構造をしております。
当クリニックでは、内視鏡専用の洗浄器を使用することで、院内感染の予防に万全を期しています。

胃カメラで分かる病気とは?

食道、胃、十二指腸のさまざまな病気を発見することができます。

食道

  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 食道静脈瘤
  • 食道粘膜下腫瘍
  • バレット食道
  • 好酸球性食道炎

胃・十二指腸

  • 急性胃炎
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 早期胃がん、進行胃がん
  • 十二指腸がん
  • 胃ポリープ
  • 胃アニサキス症
  • ピロリ菌感染症

胃カメラの流れ
~ご予約から結果説明まで~

1.ご予約

ご予約お電話またはWEB予約にてご予約をお取りください。

2.ご来院・診察

ご来院後、診察を行います。症状はできるだけ詳しくお伝えください。
ご希望の胃カメラ検査の内容(経口/経鼻、鎮静剤の有無)などもお伺いします。
初診当日に検査を行うことも可能です。ご予約時にお伝えください。

3.検査前日

検査前日夕食は、21時までにお済ませください。その後は絶食です。水、お茶は飲んでいただいて構いません。
また、早めにお休みください。

4.検査当日

検査当日朝から絶食です。引き続き、水、お茶は適量飲んでいただいて構いません。

5.ご来院・麻酔・鎮静剤

鎮静剤を使用ご来院後、麻酔をかけ、検査を実施します。ご希望・必要に応じて、鎮静剤を投与します。
経口内視鏡の場合の麻酔:喉に麻酔液を塗ります。
経鼻内視鏡の場合の麻酔:鼻に麻酔液を塗ります。

6.胃カメラ検査の実施

胃カメラ検査は、5~10分程度で終了します。
細胞検査を行う場合には、多少時間がかかる場合がございます。

7.検査終了・リカバリールームでの休憩

リカバリー室鎮静剤を使用した方は、意識がはっきりするまで、リカバリールームでゆっくりと(30分程度)お休みいただきます。
鎮静剤を使用しなかった方は、検査結果が揃い次第、検査結果のご説明を行います。

8.検査結果のご説明

検査結果のご説明院長が、検査画像を示しながら丁寧に説明を行います。
ご不明な点がございましたら、何でもお気軽にお尋ねください。

胃カメラの注意事項

  • 現在服用中のお薬がある場合には、お薬手帳をご提示されるか、またはお薬そのものをお持ちになっていただく必要があります。
  • 検査当日は、身体を締め付けるような衣服、ベルトの使用は避けた状態でお越しください。
  • 鎮静剤を使用した場合、当日中は自転車・バイク・車の運転ができません。鎮静剤の使用をご希望される場合、必要になるかもしれない場合には、自転車・バイク・車でのご来院はお控えください。公共交通機関、またはご家族の運転する車などをご利用ください。
  • 検査後1時間程度は、のどに麻酔が効いている状態ですので、お食事をお控えください。
  • 検査後の食事は、少なくとも当日中は消化の良いものを摂ってください。
  • 細胞検査を実施した場合、その日は飲酒ができません。

胃カメラの費用

3割負担の場合
初診料+薬剤料+血液検査代 2,000円~3,500円
胃カメラ検査 検査のみ 約4,000円
検査+細胞検査 約9,000円
合計 6,000円~12,500円

※1割負担の場合は、上記費用の3分の1とお考えください。

一番上に戻る
TEL:075-712-1165 胃カメラ・大腸カメラ事前診察 初診・再診24時間WEB予約 来院前WEB問診
胃カメラ・大腸カメラ事前診察・初診・再診・24時間WEB予約 初診・再診24時間WEB予約 来院前WEB問診