便潜血陽性

便潜血検査で『陽性』と指摘された方へ

便潜血検査で『陽性』と指摘された方へ便潜血検査は健康診断や行政が行っている大腸がん検診でも採用されている広く普及している検査です。
便潜血検査では便への血液の混入の有無を検査します。
便中に血液が混入していると消化管内で異常が生じている可能性がありますので、
『便潜血陽性』と指摘された方は内視鏡検査に力を入れているクリニックで精密検査を受けて頂くことを推奨します。

便潜血陽性はどんな危険があるのか?

便潜血陽性はどんな危険があるのか?『便潜血陽性』と指摘された際は消化管内から出血している可能性が高いです
消化管内で出血している際に一番無視することが出来ないのが『大腸がん』です。
大腸がんは発症初期の段階では自覚症状が殆どみられず、ご自身で確認するのは難しいですが、便潜血検査では目には見えないくらい微小な出血であっても確認することができます。
便潜血検査で陽性と指摘された方は大腸カメラ検査を受けて頂きたく思います。

便潜血陽性は大腸カメラ検査を

大腸カメラ検査便潜血検査で『陽性』と指摘された方はお早めに大腸カメラ検査を受けて下さい。
大腸カメラ検査では大腸内を直接観察していくため、直接病変部位を観察することができるので、原因の特定、治療方針の決定が可能となります。
便潜血検査で陽性と指摘された後に、精密検査として大腸カメラ検査を受診される方が少ないのが現状です。
大腸がんで亡くなる方を減らしていくためには、便潜血陽性と指摘された方は大腸カメラ検査を受診して下さい。

当院の大腸カメラ検査について

当院では大腸カメラ検査を専門的に行っています。大腸カメラ検査時に身体的に問題なければ鎮静剤を使用しています。
検査時に鎮静剤を使用することで、
眠ってリラックスした状態で検査が受けられます。
また、患者様が検査時にリラックスして受けて頂けるため、消化管の動きがスムーズになり内視鏡スコープの挿入が楽になり、検査の質向上にも繋がります。
その他の特徴としては、当院では院内で下剤が飲めるお部屋を複数完備していますので、看護師スタッフに相談・サポートを受けながら下剤が飲めます。
そのため、初めて大腸カメラ検査を受けられる方も安心して頂ける環境を整えております。
大腸カメラ検査をご希望される方は、まず外来診療を受診して頂き、検査にかかる説明を受けて頂く必要があります。
WEB予約システムを導入しておりますので、WEB予約から外来診療のご予約を取得して下さい。
また、上記以外でも様々な特徴がございますので、ぜひ当院HPをご確認下さい。


お問い合わせ

便潜血検査は便に血液が混入しているかを確認する検査で、大腸がんの早期発見に有効な検査となります。便潜血検査は京都市の大腸がん検診でも採用されておりますので、対象年齢となり大腸がん検診のご案内が届いた方はご受診して頂き、ご自身の健康管理を把握して頂きたく思います。
万が一、便潜血検査で陽性と指摘された方は、自己判断で軽視せず、お早めに大腸カメラ検査を実施しているクリニックで、精密検査を受診して頂きたく存じます。

 

監修:松ヶ崎駅前おくだクリニック 院長 奥田孝太郎

一番上に戻る
TEL:075-712-1165 胃カメラ・大腸カメラ事前診察 初診・再診・健診24時間WEB予約 来院前WEB問診
胃カメラ・大腸カメラ事前診察・初診・再診・24時間WEB予約 初診・再診・健診24時間WEB予約 来院前WEB問診