下血・血便

以下の項目に該当する方は要注意です

  • 排便に血が混ざっている
  • 排便に赤い粘膜のようなものがつく
  • 血便とともに下痢や便秘が生じる
  • 便器内に血が垂れる
  • トイレットペーパーに血がつく
  • 排便が黒くて心配になる
  • 便潜血検査で陽性だった

上記のようなお悩みや症状がみられる場合は消化器内科を標榜しているクリニックまで、ご相談ください。
当院では消化器内視鏡専門医が『血便・下血の専門外来』を実施しております。

下血・血便とは?

下血とは

おしり(肛門)から血が出ることを総称して下血といいます。肛門から血が出るため、胃・大腸・肛門などの消化管内で異常が生じている可能性があります。些細なことでも構いませんので気になる症状がございましたらできるだけ早めに医師へと相談し、適切な治療を受けましょう。

血便とは

便に血液が混ざっていることを血便といいます。消化器内に異常がみられない場合は便に血液が混入することはないため、血便がみられる場合は、大腸や肛門などの下部消化管に異常が生じている可能性があります。血便がみられる際は決して軽視せず、できるだけ早めに医師へと相談し、適切な治療につなげましょう。

血便 ・下血の原因

消化管内で出血する原因として、痔・大腸がん・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎・クローン病・直腸がん、直腸ポリープ・胃・十二指腸潰瘍などの病気が可能性として挙げられます。
出血した場所により、血便の種類も異なります。

血便の種類

血便は出血量や出血した場所により、排便の形や色が異なります。
血便がみられた際はご自身の携帯電話で排便を撮影して頂き、診察時に医師にご相談ください。

血便の種類
疾患例 便の状態
鮮血便 直腸がん・憩室出血・虚血性大腸炎・いぼ痔・
切れ痔・痔ろうなど
鮮やかな赤い血液が混じった便で、肛門や肛門付近から出血している場合がほとんどです。肛門から出血する場合は「痔」であることが多いです。
粘血便 大腸がん、炎症性腸疾患・クローン病、アメーバ陽炎など 赤い粘膜のようなものが便に付着している便です。
暗赤色便 大腸がん、大腸炎、大腸憩室出血、小腸潰瘍など 大腸から出血した血液が混じった便です。出血してから体外に排出されるまでに時間がかかるため、通常の真っ赤な血液が赤黒い色になります。
黒色便(タール便) 食道がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など 黒くドロッとしたタール状の便のことをいいます。
胃や十二指腸などの上部消化管から出血している場合に黒色便がみられます。

 

血便の検査方法

胃カメラ検査

胃カメラ検査とは、胃や鼻からスコープを挿入し、食道、胃、十二指腸の粘膜を観察できる検査です。胃カメラ検査ではスコープの先端についているカメラを通して粘膜を直接的に観察することができるため、炎症・出血・腫瘍などの有無を確かめることができます。「苦しい」「ツライ」というイメージを持たれている方も多くいらっしゃるかと思いますが、現在は内視鏡の改良や小型化、鎮静剤の使用などにより、以前と比べても比較的快適に胃カメラ検査を受けていただけるようになっています。


大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)

大腸カメラ検査とは肛門からカメラのついたスコープを挿入し、肛門から大腸全域の粘膜を観察できる検査です。
大腸カメラ検査も付属のカメラを通して粘膜の炎症・出血・腫瘍(大腸ポリープ)などの有無を確かめることができます。当院では快適に大腸カメラ検査を受けていただきたく思い、様々な工夫を行っております。
血便がみられた際は消化管内で何かしらの異常が生じているサインです。
些細なことでも構いませんのでお早めにご相談していただきたく思います。

血便 / 下血のお悩み・症状の際は当院へお越しください

受付・待合室当院では消化器内視鏡専門医が『血便・下血の専門外来』を実施しております。排便時に血液が混じっていても軽視されてしまうことも多々ございますが、実は大腸がんが原因で血便がみられていたといったケースもございます。
当院ではまず、診察を実施し必要に応じて内視鏡検査を行っていきます。胃カメラ検査、大腸カメラ検査を通して、地域の皆様の胃がん、大腸がんを限りなくゼロに近づけることが私の目標です。地域の皆様に頼れるパートナーとしてお役に立ちたいと思います。些細な症状でも気になることがあれば、まずお気軽に当院にご相談ください。

監修:松ヶ崎駅前おくだクリニック 院長 奥田孝太郎

一番上に戻る
TEL:075-712-1165 胃カメラ・大腸カメラ事前診察 初診・再診・健診24時間WEB予約 来院前WEB問診
胃カメラ・大腸カメラ事前診察・初診・再診・24時間WEB予約 初診・再診・健診24時間WEB予約 来院前WEB問診