お腹が空かない

お腹が空かない…食欲不振かも…

お腹が空かない…食欲不振かも…ショッキングなできごとがあったとき、仕事やプライベートで悩みがあるとき、なんとなく食欲がないと感じたことはありませんか。そういった場合には、不安を解消できたり、気分転換をしたりすれば、いずれ食欲は戻ってきます。(こころの問題でも、うつ状態になるほどであれば、心療内科などでの専門的な治療が必要です)
ただ、身体の病気を原因として食欲不振が起こることがあります。この場合は、その病気の治療が必要です。食欲不振から「自分の心身が弱っている」という気持ちが生じ、不安になり、さらに食欲不振が深刻化するという悪循環に陥ることもあります。
悪循環を断ち切り、速やかに適切な治療へとつなげるためにも、食欲不振を自覚したときには京都市左京区の松ヶ崎駅前おくだクリニックまでご相談ください。

お腹が空かない・食欲不振になる原因

お腹が空かない・食欲不振の原因は、大きく以下のように分類されます。

胃腸の働きの低下(機能性)

胃、腸の働き(消化・吸収・蠕動運動)の低下によるものです。

がん・内分泌疾患(器質性)

がん、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、甲状腺機能低下症などによるものです。

ストレス・うつ(心因性)

ストレスやうつによって、身体としては必要としているはずの食欲の信号が、脳から発信されないものです。
悪化して、味覚障害を起こすこともあります。

薬の副作用(薬剤性)

痛み止め、抗生剤、向精神病薬などの副作用によって起こるものです。

お腹が空かない・食欲不振の場合に
考えられる病気は?

お腹が空かない・食欲不振といった症状がある場合には、以下のような病気が疑われます。

胃潰瘍

ピロリ菌感染、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の内服を主な原因とします。
お腹が空かない・食欲不振のほか、みぞおちの痛み、胸やけ、吐き気、胃もたれ、膨満感などの症状を伴います。悪化すると潰瘍から出血し、吐血・下血・貧血を起こすこともあります。

十二指腸潰瘍

胃潰瘍と同様に、ピロリ菌感染、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の内服を主な原因とします。
お腹が空かない・食欲不振のほか、腹痛、胸やけ、吐き気などの症状を伴います。
悪化すると潰瘍から出血し、吐血・下血・貧血を起こすこともあります。

慢性胃炎

ピロリ菌の持続的感染を主な原因として起こります。
お腹が空かない・食欲不振のほか、胸やけ、胃の痛みなどの症状を伴います。

胃がん

ピロリ菌の持続的感染、喫煙、塩分の摂り過ぎなどを原因として起こる胃のがんです。お腹が空かない・食欲不振のほか、胃の痛み、胸やけ、吐き気、便が黒いなどの症状を伴います。ただし、初期の段階では無症状であるケースも少なくありません。

大腸がん

運動不足、飲み過ぎ、喫煙、野菜不足などを原因として起こる大腸のがんです。多くは、大腸ポリープががん化して発生します。
お腹が空かない・食欲不振のほか、腹部の張り、下痢と便秘の繰り返し、血便、便が細くなるなどの症状を伴います。

膵臓がん

遺伝が主な原因だと言われている、膵臓のがんです。喫煙、肥満、慢性膵炎、糖尿病なども、発症のリスクを高めます。
お腹が空かない・食欲不振のほか、腹部・背中の違和感、背中の痛みなどの症状が挙げられますが、特に初期の段階では無症状であるケースも少なくありません。

甲状腺機能低下症

慢性的な甲状腺の炎症によって甲状腺ホルモンの分泌が低下し、さまざまな症状をきたす病気です。代表的な甲状腺機能低下症として、橋本病が挙げられます。
お腹が空かない・食欲不振のほか、瞼の腫れ、声がれ、皮膚の乾燥、むくみ、抑うつ、(食欲は低下する一方での)体重増加、月経異常などの症状を伴います。

お腹が空かない・食欲不振の場合は
胃カメラをおすすめします

お腹が空かない・食欲不振の場合は胃カメラをおすすめします

緊張や不安による一時的な食欲不振であれば、過度に心配する必要はありません。
ただ、慢性的にお腹が空かない、それ以外にも症状が認められるといったときには、その原因をはっきりさせることが重要です。胃カメラ検査、また症状によっては大腸カメラ検査で、原因疾患の多くは発見が可能です。
長く食欲不振でいると、患者さんご自身もご不安なことと思います。どうぞお気軽に、当クリニックにご相談ください。

お腹が空かない・食欲不振Q&A

3か月ぐらいからお腹が空かない、食べようという気が起こりません。内科を受診しましたが、薬をもらっただけでした。
薬を飲んでも改善されず、ここ最近体重も減ってきました。何か病気の可能性はあるのでしょうか?

若い方はストレスからくる機能性ディスペプシアという病気もありますが、体重が減るのは心配です。是非胃カメラを受けていただき胃、十二指腸に異常がないことを確認した方が良いです。
また胃以外でも肝臓、膵臓など別の臓器に異常がある可能性もありますのでお腹のエコーの検査なども受けた方が良いです。

1か月ほど前からお腹が空かない、食べてもすぐにお腹がいっぱいになる状態が続いており、胃も痛むのですが、ストレスでしょうか?

ストレスだけでも症状があることもありますが、1ヶ月も症状が続いており胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの可能性もあります。胃カメラを受けて精密検査が必要です。

食べ物が胃に残っている感じが続いていて、お腹が空きません。
みぞおちを押すと痛みがあるのですが、胃の病気でしょうか?

胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんなどの可能性もありますが、肝臓、膵臓の病気でもそのような症状が出ます。胃カメラやお腹のエコーで異常がないか検査してください。

一番上に戻る
胃カメラ・大腸カメラ事前診察WEB予約 初診・再診WEB予約 Instagramはこちら
胃カメラ・大腸カメラ事前診察WEB予約